作成者別アーカイブ: pointsan

高年層のキャッシング

60歳以上の年金受給者の人でもキャッシングは利用できます。ですが消費者金融は原則的に、年金収入以外の収入がない場合は利用することができません。これは年金は一応収入ですが、職業が無職という扱いになってしまう為です。無職の人が消費者金融から借り入れを行うことはできません。年金以外の収入があった場合、限度額は制限されますが、その収入に応じた借り入れを行うことが可能になります。

銀行のカードローンでは、65歳までなら年金収入のみで借り入れができるところが多くなっています。しかし、次の条件が付くことが多いです。その条件とは、年金の受給口座をその銀行にしていることです。これによって銀行は定期的に確実に入ってくる年金を、いわゆる担保的な扱いとして確保することができるからです。もし返済が滞るようなことがあれば、支給と同時に年金を抑えることが可能です。この為、銀行では年金だけの収入でも借り入れが可能になっています。

また、年金を本来の意味で担保とする場合、年金担保融資というローンがあります。これは現在、福祉医療機構と日本政策金融公庫という2つの公団でしか実施していません。この年金担保融資は目的別のローンになっていますので、キャッシングのように自由に借り入れを行える性質のものではありません。医療費、冠婚葬祭費、住宅のリフォーム費などの決まった用途がない場合は借り入れることができません。ですので利便性はかなり低いと言えます。ただ金利が2%以下に設定されていますので、目的が決まった借り入れを行う時には一番有用な融資になると思います。

キャッシング審査を有利に進める

キャッシングの審査には様々な項目が必要となりますが、中でも重要なのは「収入」関係についてです。これは「返済能力がこの人にはあるのか」を判断する為の基礎的な審査項目です。そのため、審査を有利に導くには、この点を特に満たしておく必要があります。

つまり、安定性のある収入を得ていることが必要になるのです。キャッシング業者によっては正社員であることが求められる場合もありますが、正社員でなくとも継続的に収入がある状況であると見られれば、申し込みが受け入れられる場合も多くあります。ただそういった場合でも、無職、主婦、といった収入のないとみられる状況では審査に通ることは非常に厳しくなるのは間違いありません。

こういった場合は、たとえば軽いアルバイトでも始めておくとアルバイトと職業に書けますし、派遣会社に登録だけしておいた状態でも派遣社員と書くことはできます。そういった工夫で審査が有利になりますので、審査に通りたい場合にはこういったこともあらかじめ考えておいたほうが良いでしょう。ただしあくまでも嘘はいけません。通っていない会社の名前を書いたりしても、必ずバレると思って間違いありません。そうした場合は今後借りたいと思っても借りるのが難しくなるかもしれませんので、避けるようにしましょう。

おまとめローンを使用する際の注意点

複数の金融業者でカードローンを契約していて使用している場合、それぞれに返済を行う手間と金利による利息が発生してしまいます。その為複数のカードローンを利用していればそれだけ無駄な労力と利子の支払いが必要となりますが、おまとめローンを利用することで複数の借り入れを一本化することが出来、返済計画が立てやすくなるというメリットがあります。

おまとめローンとは簡単に言えば支払い箇所を一つにまとめたうえで、更に今までよりも低い金利でまとめることにより利息の無駄も省くことが出来るローンとなります。消費者金融のおまとめローンの場合は総量規制の関係上返済に特化したローンでの提供となりますが、その場合でも利息は通常のカードローンよりも低くしてあり総量規制の対象外となるため年収の三分の一以上の金額でも利用が可能となります。

銀行のおまとめローンの場合は総量規制の規制がもともとないため、年収の三分の一以上の借り入れも可能ですし、追加融資も可能になる銀行もあります。その為おまとめローンを利用すると支払総額が少なくなって返済が楽になると考えてしまいますが、おまとめローンの返済期間が今までのカードローンよりも長くなってしまう場合には、おまとめローンの金利が安くても支払総額はむしろ多くなる場合もあります。その為おまとめローンを利用する際には返済期間に注意して、今までのカードローンよりも支払総額が多くならないようにしないと、むしろおまとめローンのほうが支払う金額に無駄が出ると言うことになるので注意しましょう。

物欲優先で無計画な借入れをしない

一度多方面に広がってしまった物欲を抑えるのは意外と困難なものですが、それらの欲を即解決しようと幾つものローン会社から現金を借り入れ返済不能に陥ってしまう、いわゆる多重債務の問題を抱える人が目立つ様になってきています。

金融業者からのキャッシングを行う場合は、返済に関する計画性や確実性を十分吟味した上で決定する、一種の責任感や覚悟が求められるものです。これらに関する見通しや計画性がゼロの状態では絶対にキャッシングを行うべきではありませんし、一時的な物欲・購買欲に溺れず、そのはるか先までの利便性や将来性を見越した上で物品やサービスを購入する慎重さを先ず心の中に養うべきでしょう。

キャッシングを無計画に行い返済を滞らせてしまうと恐ろしい点として、日々積み重なってゆく利息というものがあります。個人的に対処が可能なのは始めのうちで、やがてそれも不可能となり、いずれは弁護士を通して自己破産を行うといった法的な手段に訴えなければならないケースも可能性として出てくるのです。

それも一つの金融業者からの借り入れで済めば比較的話は易しいのですが、これが複数の金融業者からとなると一気に話は複雑となってしまいます。いずれにせよ、事態が深刻化する前に国民生活センター等の機関にアドバイスを請うといった対策が必要となってくるでしょう。

無利息サービスの活用

カードローン会社は世の中には沢山あります。実際、ネット検索で業者探しをすれば、実に数多くの業者が出てきます。一見すると似たような業者ばかりに見えますが、よく見ると期間限定のサービスやキャンペーンを実施している業者があることに気付くはずです。

その中でも特に見逃せないのが、無利息サービスです。それは文字通り、無利息でお得に借り入れができるサービスのことです。もちろん、利用するには幾つかの条件があって、それを満たさなければ駄目です。

しかし、条件さえ満たせば本当に無利息でお金を借りることができるのですから、これを利用しない手はないと言えます。ですから業者探しにおいては、まずは「無利息キャンペーン」とか「金利0円」などのキーワードを付けて検索しましょう。

その条件というのは業者によって微妙に違いますが、たとえば30日間だけ無利息になるとか、初めての利用者だけ、などです。詳しいことは、事前に説明文をよく読んでおくことが大切です。

いずれにしても、限られた期間だけとは言え無利息なのですから、その分の利息の支払い負担は確実に節約できます。また、もしも翌月一括返済できるような借り入れなら、本当に利息0円で借りられます。それゆえ、条件を満たしてタイミングさえ合えば、是非とも利用したいものです。