キャッシングの返済時期には気を付けよう

急な入用でお金がいるときに便利なキャッシング。消費者金融と契約をしてこっそりと利用している人も多いでしょう。キャッシングの利用総額は、あなたの年収によって決まります。総量規制という法律があり、それにより年収の3分の1以上の貸付ができなくなっているからです。

嘘をついて申込みをしたとしても、あなたが申込んだ履歴は個人信用情報機関に登録されており、業者は必ずそこを照会してキャッシングの可否を決めますので正直に申告した方がいいでしょう。

キャッシングを実際に利用する際の注意点としては、お金を借りることだけではなく、いつが返済期日かを認識しておくことです。銀行の口座に消費者金融の名前が残るのを嫌って、カードを使って返済する人も多くなっています。振込をしている人もいるでしょう。そういった場合、ついうっかり返済を忘れてしまうことがあります。一度くらいならいいやという軽い気持ちではいけません。返済がなかった情報も記録として登録されますので、例えばあなたが住宅ローンを組もうと思ったときやクレジットカードを作りたいと思ったときに不利に働いてしまいます。キャッシングを利用する際にはいつにいくら返さないといけないか、必ず確認するようにしましょう。